さぼってしまった・・・

安さの最大の秘密は、ネタの偽装である。産地偽装だけでなく、アナゴの代わりにウミヘビを使ったり、化け物のような面構えの深海魚を高級魚のヒラメ、アイナメとして出す。ネギトロに至っては、身肉が赤いというだけで、マグロとは似ても似つかぬアカマンボウが混ぜられ、またブラックバスや真っ黒なアメリカナマズが高級魚のスズキに偽装される。なかには、養殖の現場で廃棄されているはずの奇形のマダイやハマチなどを使用しているケースさえあるのだ。いずれも、正規のネタに比べれば仕入れ値は破格。激安の秘密は「企業努力の結果」などではなく、ネタの仕入れ値に尽きるのである。   from『回転寿司「激安ネタ」のカラクリ』

回転寿司「激安ネタ」のカラクリ−ファン必読! 偽装魚&インチキ代用魚総覧85種 (別冊宝島)』こいつを買いに本屋に行ったんだが、売ってなかったので、代わりに『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか? (扶桑社新書)』と『ウェブ炎上―ネット群集の暴走と可能性 (ちくま新書)』の2冊を購入。家に帰って買った本を読まず、ブルーノートじゃなくなって、ビルボードなんたらになった所のDMを読む。気がついたら寝てた。ジムに行こうと思っていたんだけどなぁ。早くも暗雲。