メタメタ・メタバーース

■和製メタバース「meet-me」試験的に開始
限定1000人が参加できるだとか。一応、登録してみたんだけど、仮登録から先に進めず。1000人に入れなかったのか……。今年、話題だけは大いに盛り上がったセカンドライフであるが、結局のところ、ナショナルクライアントの遊び場になっちゃって、記事を見るたびに、いまさら参入してもな……って気分になっていたところ、この純日本産のメタバース(仮想空間)の登場。株主が、伊藤忠商事フジテレビジョンみずほキャピタル産業経済新聞社クオラス、イオン、スクウェア・エニックスといった大御所ばかりだから、大いに宣伝するのかな、と思ってみたり。記事とか見ていると、RMT(リアルマネートレード)じゃなくて、通貨はポイントで、ユーザをひきつける点は都市の模倣とイベント。よく考えたら、ふつーのネトゲじゃねえのかと、首を傾げたくなるが、まあ、実際やってみないことには判らない。これをケータイでできるようになれば、相当流行ると思うんだけど、技術が追いついてない。
そもそも、僕のパソコンのスペックが最低スペックに追いついていないのが、最大級の問題なのである。