小川一水は面白いなぁ。

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)

時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)


今年読んだ本の中でもダントツに面白かった。小川一水はどの本読んでも外れない。こう、いい本に出会うと、もっと読書したくなりますな。

なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]

なぜ株式投資はもうからないのか [ソフトバンク新書]


株初心者にはお勧めの本。入門書というよりも、メディアに踊らされて、ううむ儲からないなぁ、って人に丁度いい。書いてある内容はそれほど難しいことじゃないんだけど、新興市場とかで失敗した人には耳が痛い話がちらほら。なんのためにやっているのか、などなどの株式投資に対する価値観を、もう一度、改めて考えさせてくれる本。
これからの株式投資の章で語られている、広告業界で今非常に熱い行動ターゲティングと株を融合させてみてはどうか、というアイディアはなかなかいいんじゃないかと思った。