ヘルプ通りにいかないもの

先日買ったDrupalの本を読んでいたら、これは入れたほうが良いモジュール一覧に、文字を太くしたり細くしたりアンダーライン入れたり顔文字つけたりできる機能のものがあって、これはさっそくいれようとダウンロード。ちなみに、TinyMCEっていうもの。ワードプレスやムーバブルタイプにも入れられるみたい。なんにせよ、ダウンロードサイトに、こいつぁちょいとディフィカルトだぜって書かれてある。何も見ないでいつものようにやっても、やはり、入らない。困ったクマった。そんな時、見るからに親切でギークそうな外人が、動画付でインストール方法を丁寧に教えてくれているページを発見。
TinyMCE | drupal.org
言うとおりにやっていったら出来た!なんかうれしい。
と、いうのも……案外、ヘルプ通りやっていってもトラブルがよく起こる。最近、vistaにしちゃったもんだから、そもそもの環境の設定が参考書とおりじゃないこともしばしば。たとえば、この間のことなんだが、自分の新パソコンをサーバとして動かすために、友人に教えてもらったXAMPPを入れたんだが、なんだかよく分からないエラーやコマンドプロンプトが使えなかったりして、ヘルプ見て直してみても直らないし、スタート時点でつまづいちゃっているよ、とめそめそしながら悪戦苦闘して、泣いたところで結局なにも直らず、思い切って別の便利ツールVertrigoServを入れてみたらすんなりできちゃったり。いろんな解説をグルグルまわったのになぁ。
ちなみに、XamppやVertrigoServというのは、簡単にアパッチ、PHPMYSQLなどを一括でインストールできる、超便利ソフト。
そんなこんなで、地味にウェブの勉強をしております。