読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルファギークに逢ってきた

小飼弾のアルファギークに逢ってきた (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

小飼弾のアルファギークに逢ってきた (WEB+DB PRESS plusシリーズ)


うおー、まったくついていけなかった。何を喋っているのかちんぷんかんぷん。プログラム以外のことだけだった理解できたのは。あとは雰囲気。これがこうだから、こうだよねっていうことを言っているのは分かるんだが、何がどう凄いのか、プログラミングを知らないから語っている内容から人間が読み取れない。海外の人との話が特に。
雰囲気はいい。ぜんぜん違うものだけどあえて表現するなら、思考停止状態で読む村上春樹の小説的な雰囲気の良さ。なんかカッコイイこと言っているような気がするけど、さっぱりワカンネって感じ。単純に僕がリテラシーがないだけなんだけどね。
つい、『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか』を引っ張り出してきて、そこに収録されていた「【対談】小飼弾×ひろゆき」を読み返した。吃驚するほど内容覚えてなくて、デジャヴすら感じさせない、初めて読むかのような感覚。「小飼弾」ってキーワードだけ残ってて、脳内検索にひっかっかったんだが、ううむ、ここも雰囲気読みだったか。
読み終えて数時間たった今、本著の中身をもうすっかり忘れてしまったが、こういったギークな人たちが世の中にはいるということが知れたので良かった。