読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

食料植民地ニッポン

食料植民地ニッポン

食料植民地ニッポン


自給率の極端に低い日本は、米国の植民地も同然という過激な本。あらすじは以下のとおり。

日本はいまや米国と中国に胃袋まで占領されてしまった。食料自給率39%の裏側を暴き、米国や中国の言いなりにならざるをえない「食料植民地」としての危機的状況を抉り出す“食”ノンフィクション。タイの広島風お好み焼き工場、チリの日本向けサケ養殖場、米国のBSE感染牛養育牧場、中国の農薬まみれ野菜畑……世界各国を飛び回り食料依存の実態を取材。さらにメタボリック・シンドロームの原因が米国型食文化の浸透にあること、日本の食料安全対策が抜け穴だらけであることなどを突き止め、飽食日本人に意識改革を迫る。「SAPIO」誌に掲載され大きな話題を呼んだ人気連載を大幅加筆して単行本化。

今年発売された本で、比較的タイムリーな話題も多い。面白かったのは、今後は食料のパイの奪い合いに日本は負けるかもしれないという指摘。日常生活があまりにも飽食すぎてなかった発想。野菜が値段が高いだの、安全性がわからないだの、骨が入っているだの、と文句をいっている間に、成長の著しい新興国や食文化が発展してくる国に食い物とられちゃって、食をめぐるサバイバル時代に突入……なんてしゃれにならない日がくるのかもしれないなぁ。
テレビを見ている気分で読んだ。本著で取り上げられていた、肥満への近道、沖縄のAランチを食べてみたい。