knol

googleの新サービス。一言でいうと、実名ウィキペディア。そいつが先日オープン。「ノウル」って読むらしいよ。
Knol: a unit of knowledge
Official Google Blog: Knol is open to everyone
いかにもグーグルらしい、アカデミックなサービス。大学の先生とか喜びそう。いつ日本語版がリリースされるかわからんが、しばらく日本では、あまり流行らなさそうだなぁ。記事を書いて、その上に表示される広告から広告収入を得ることができるらしいけど、ある程度ネームバリューがある人は名前の大きさに比例してそれなりにお金もっているもんだし、そもそも、自分の立場をはっきりさせて言いたいことがある人がどれだけいるかというと、あんまりいねえんじゃねえのかなぁってのが僕の感想。大半の人にとって情報は受信するものであって、発信するものではない。実名インターネット文化の極み。