読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

呑み。

大学時代の学部の友人たちと飲む。京都で飲む。学生時代とあまり変わらない話をするが、脚色される話に「もし仕事の場合だったら」という比喩が含まれるのが以前と違う特徴。友人間では、仕事の話も所詮ネタの一つでしかない。一週間が長い、っというニートの友人の言葉が重かった。