読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鹿男あをによし

鹿男あをによし

鹿男あをによし

壮大な構想、緻密な構成、躍動するディテール、ちりばめられたユーモア……。これが二作目なんて信じられない。金原瑞人(翻訳家)

このオビがまさに全てを語っている。これは、単純に面白い。極上のエンターテイメント。ドラマ化してもぜんぜん問題ない、と思われる出来。ていうか、ドラマも見たいくらいだ。これは人に勧めたい。
もともとは、今をときめく森見登美彦氏(作家)のブログの中で名前がちょくちょく出てきていたせいか、奈良とか鴨川というフレーズから、関西のユーモアだけど鬱屈した学生の物語系だと思い込んでいた節があって、読んでみたいけどなかなか読んでいなかった、系。ううむ、別の作品も読んでみるか。