読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

昨日はパイレーツオブカリビアンとボラットを見た

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド 2-Disc・スペシャル・エディション


ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様) [DVD]

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様) [DVD]


まさかの3時間。長かったパイレーツオブカリビアン3作目。しかも、壮大な消化不良。駄作。2の時点で悪い予感はしていたんだ。
それよりもあまり期待していなかったボラットの方が面白かった。どういう映画かというと、イタズラ映画。カザフスタンからの記者のふりをして、いろんな人に迷惑をかけるというもの。フェミニストの団体とかマナー講習の人々、いわゆる普通の人たちは奇行を繰り返すボラットには冷たく、案外、見るからにバカな若者や偏った宗教団体、ゲイの方々のほうが優しかったりするという、なんだか、いろいろ皮肉たっぷりな作品。