土曜日は。日曜日は。

退職して農家を目指している先輩の畑を見に行ってきた。天王寺から電車に揺られ20分、王子駅から車で15分という好位置に先輩の畑はある。正確には先輩の畑ではなく、無料で使っていない場所を地主の人から借りているらしい。よって草は生えたい放題。雑草というレベルではない。ぼくの身長の2倍はある雑草。3メートルの草だか木だか分らない鬱蒼とした緑が目の前に広がっているのだ。トトロを彷彿とさせる草のトンネル、小川、静けさ。うちのじいさんがこの土地を手にしたら、何年もかけてゆっくりと、こつこつ毎日整備していくんだろうな。夢いっぱいだった。
伐採作業をただ見ているだけではあれなので、完成した畑の草むしりをする。これが意外に腰にくる。この日記を書いているのは次の日なのだが、腰が筋肉痛。たかが草むしりで筋肉痛とは貧弱な肉体である。
4時くらいに引き上げ難波に戻る。サウナに行く。銭湯やスーパー銭湯は行ったことあるが、サウナ(スパ)ってのは初めて。変なトランクスみたいなのをはいて風呂内をウロウロと徘徊。すげえ風呂場に出店があるぜ。サウナで汗流して、風呂で温まって、酒飲んで、そしてまたサウナで吐き出して……まさか肉体の永久機関をこんなところで発見するとは。がしかし、実際はサササッと体を洗って、サクッと鮨をつまみ、ビールを飲んで、1時間以内に外に出る。何が食べたいと聞かれたので、美味しい中華、と答えると銀座アスターというお店に連れて行ってもらった。美味で御座いました。御馳走様でした。多分、一人じゃ行けん。
そして、今日、昼ごろに起きる。11時。朝ごはん朝ごはんと寝ぼけまなこで味噌汁を作る。作るといってもお湯を入れたら出来る簡易な味噌汁。ズズズと飲み干すと、酒で疲れていた胃が「うれしいうれしい」といった気がした。幻聴を聞き出すのはまずいと思い、再び布団にくるまる。ぼくの熱を逃がし切れていない布団はぬくくて気持ちいい。1時くらいにもう寝れんと起きて、スパゲッティを茹でて食べる。おなかがいっぱいになったので、布団にくるまる。ただ、もう眠れないので、適当に大音量で音楽を流す。一時間くらい、歌を口ずさんだり、懐かしい曲を検索していたりするのだが、ハッ、と洗濯をしていないことを思い出し、急いで汚れものをかき集めて近所のコインランドリーへ。
銭湯とコインランドリーが一緒になったという行きつけの店の前で100円玉がないことに気が付き、7upでも買おうと思い、自販機の前に立つ。そこで衝撃。まさかのマウンテンデゥー。マウンテンデゥーとは、中学生くらいの時、アメリカで死ぬほど飲みまくっていた清涼飲料水だ。出張とか旅行の時、田舎の自販機とかにたまに売っているのを見つけては喜んで飲んでいたこのマウンテンがまさか自分の住んでいる町にあるとは。奇跡だ。前は売ってなかったのに。
洗濯と部屋の掃除が終わり、やりたいこと・やらなければいけないこと、がいくつかあったが、それらを無視してまた布団に入った。たまにはこういう日もいいだろう。筋肉痛だしさ。