おじいちゃん、インターネットへ

ついにうちのおじいちゃんがネットの世界にやってきた。おじいちゃんはぼくに似て(正確にはぼくがおじいちゃんに似ていて)、はまるとどっぷりはまる性格。携帯だって説明書を頭から終わりまで読み、近所のショップに通いつめ、ワンセグ視聴とメールを使いこなせるほどになった、驚愕の75歳である。ついにこの間パソコンを買い、参考書や教則DVDを山のように読み込んだそうな。んで、念願のネットが先日開通した。それまでは、ひたすらパソコン付属の将棋や囲碁で遊んでいたらしい。
母がチャットで「おじいちゃん、よくわからなくて困っている。今から電話させるわ」と言ってきた。「いろいろと使えるようになってから電話したかったのだが…」と申し訳なさそうに喋るじいちゃんに「今見ている画面は?」「え、Live Searchだって?だめだめ、そこは初心者のいくところじゃない。とりあえずyahooだ」「ここをクリックして」「何が見える?」と、現在の困っている状況を確認。yahooを初期設定にし、路線検索の方法、ニュースの見方、じいちゃんは株をやっているからファイナンスの使い方、を一通り説明する。仕上げに、検索の仕方と検索の概念を説明。これでしばらくインターネットを楽しめるはずだ。
来週はMSN Live Messengerを導入してもらう予定。これがあれば、昼は母、夜はぼく、週末には弟とつながることができる。目標はブログ。じいちゃんのポテンシャルならおそらく年内に達成できると思う。すごい楽しみだ。