ダイエットを開始だ

免許の写った謎のデブ、ご飯を食べる時に感じる腰回りの窮屈感、顔本でイイネを押される自虐的台詞。
これはいかんと思う。しかし、ここのところ、毎日いかんと思っているだけで特に行動をしていない。そんな行動自体にも喝を入れるため、また記録をはじめた。レコーディングダイエットは最強の手法だと思っている。ダイエットは身体の肉を減らすのではなく、食生活に対する認識を変えることなのだ。
気合を入れて、さっそく体重計に乗ったら、電池が切れていた。