『マリアビートル』伊坂幸太郎

 

マリアビートル (角川文庫)

マリアビートル (角川文庫)

 

このところ、ずっと伊坂幸太郎に当たりがなかった。

学生時代に読んだ『アヒルと鴨のコインロッカー』や『陽気なギャングが地球を回す』の楽しさが忘れられず、懲りずに購入を続けているのだが、ようやく、久しぶりに、これだという本を読めた気がする。

グラスホッパー』の続編らしいのだが、まったく覚えていない。かろうじて、「押し屋」の存在は覚えていたのだが、それ以外はストーリーも含めて、まったく覚えていないのだ。

ところで、伊坂幸太郎の作品ってこんな感じに映像化を意識したような、動きのある作品だったっけ?