9月から10月に読んだ本

 

真夜中の探偵 (講談社文庫)

真夜中の探偵 (講談社文庫)

 

 

『真夜中の探偵』有栖川有栖
マカオから帰ってくる時に読んだ本。
残念ながらシリーズ2作目らしく、1作目のキャラクターへの思いや設定などがストンと自分の中に入ってこなくて、いまいち乗りきれなかった作品。
肝心の推理もピンとこないというか、ううん、とりあえず1作目を読まないとな。

 

僕たちの前途

僕たちの前途

 

 

『僕たちの前途』古市憲寿
前作の『絶望の国の幸福な若者』の方が面白かったかな。

 

逆境エブリデイ

逆境エブリデイ

 

 

『逆境エブリデイ』大川弘一
まぐまぐ創業者のポーカー旅行日記。
若干、修飾語がうるさいところもあるけれども、ツボに入る言葉も多くて、なんだかんだ楽しく読めた。
トーナメントはサングラスの似合わない奴から退場していくっていうのに笑った。
どこかで会えるといいなあ。