読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月上旬に読んだ本

 

勝手にふるえてろ (文春文庫)

勝手にふるえてろ (文春文庫)

 

つい手にとって読んでみた。

大学生の時に読んだ『インストール』以来の綿矢りさ。綺麗で耽美的な言葉使いだった印象があったのだが、それがだいぶ均されたような文体になっていた、気がする。いかんせん、久しぶりすぎて印象だけが残っていて、イメージ先行で読んだ、気がする。

読者ターゲットがいまいち分からなかったけど、すんなりと読めた。

 

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

僕の妹は漢字が読める (HJ文庫)

 

何年か前の「このライトノベルが凄い」だったか、誰かの書評だったか忘れたが、それなりに好評だった記憶があり、これもまたつい手にとって読んでみた作品。

タイトルのインパクトで全てを持っていった感がいなめない。内容はふわふわとしたSF。主に会話の掛け合いを楽しむ本。

もっともオリジナリティがあり、衝撃的で面白いのは、作中のオオダイラ・ガイ先生の「きらりん!おぱんちゅ おそらいろ」などの狂気じみた文体。ここは一見の価値あり。

できれば、1巻で完結する内容にしてもらいたかった。