10月の読書

ぜんぜんポーカーやってないなぁ。ACOPでは日本人が活躍しているらしい。来年こそは・・・。

 

大学時代は一生懸命バイトで貯めた貯金をライブドアショックで溶かし、社会人になりリーマンでボーナスを溶かし、もうやるもんかとしばらく退場後、復活直後のアベノミクスの頂点で掴んで塩漬けになり、外貨預金を123円の時にするほどの投資センスがないこの男の名はもりゃ~まと云ふ。

年に1冊2冊ほどは投資系の本を読むのだが、いまだこれだっという投資法に出会わず、結局いつも通り雰囲気でギャンブルをしている。今回こそは!と思い購入。

一番納得したのが、資金管理の話。10%で損切りしたら、元金に戻すのに必要な利益率が11%。25%になると33%。40%で67%。50%で100%。頭で分かっているんだけど、いざ表で見ると、半分負けたら二倍にしなきゃいけないってのはかなり大変だ。

ポジションも資産を5分割して、さらにそこから5分割してインするのもだいぶ手堅い。

バーンと張ってドーンって儲けるんや!って思っているから、いつまでたっても負けるんだろうなと思い知らされた。ポーカーやFXはわりと慎重なんだけど、どうして株になると我を失うのだろうか。

 

ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)

ニュータウンは黄昏れて (新潮文庫)

 

バブル時代に中古の団地を高値掴みし、夫と子供は通学と通勤に大半の時間を費やした挙句、老朽化した老人だらけになったさびれた団地の話。

どこにでもありそうな話なだけに怖いなぁ、と思ったら大半が作者の体験談だったみたいである。あとがきを読んだら、物語の状況がそのまんま作者の状況で、あとがきだけでも良かったんじゃないだろうかという錯覚すら覚えてしまったほどだ。

 

大人でも間違いやすい 日本語のマナー常識 PHP文庫

大人でも間違いやすい 日本語のマナー常識 PHP文庫

 

帰省の時、飛行機での暇つぶしでそこらで適当に買った本。 

日本語というより、立ち振る舞いと言葉使いの本だった。

 

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

熊と踊れ(上)(ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

早川書房ツイッターの人がしょっちゅうRTするもんだから、気になって買ってしまった。上巻読了。