7ヶ月ぶりに更新!!

出産や会社設立など、趣味にさく時間リソースが圧倒的になくなり、ポーカーや読書から一切遠ざかっていた1年だった。

・・・と、言っても現在進行形で大忙しで、少し前みたいなsteamでインディーズゲームを漁るような日々はしばらくはこないのかと思うと、少々物悲しいものがある。ゼルダをなんとかクリアしたいが、1ヶ月以上空いてしまうとなかなか重い腰が上がらない。

結局、空いた時間はハースストーンでポチポチとデイリークエストを消化する毎日である。

以下、更新していなかった間に読んだ本。

入社1年目の教科書

入社1年目の教科書

 

新人のとるべき態度はどのようなものが望ましいのか。ロールモデルを知りたくて購入。以前のハーバードなんたら日記というのがとても面白かったので期待した買った。内容はわりと同意できる内容だったのだが、若い人が読んだら「老害!」と言ってあまり聞き入れてくれなさそうな気もする。本著の内容が肌で分かる頃には新人ではなくなっており、なんとも難しい。結局、ほとんどの愚者は経験から学ぶしかないのかもしれない。

 

「しゃべらない営業」の技術 (PHPビジネス新書)

「しゃべらない営業」の技術 (PHPビジネス新書)

 

仕事が増えて生きて、営業に行くことが多くなってきた。
ただ、僕を知っている人はご存知の通り、たいして話が上手い方ではない。営業先でも何回かやらかしたことがあるので、藁をもつかむ思いで購入。半年前に購入してあまり内容を覚えていなかったので、あとでパラパラと耳を追った部分だけでも読み返そう・・・

 

基本的に本を購入する際は、読書ブロガーのお薦めを元に買っている。が、久々に本屋で平積みしているものを買った。内容はタイトル通りPDCAの回し方であり、人の成長に関する内容だった。実にプラクティカルな事例がたくさん乗っていて、約に立ちそう!な気がした。そう、気がしただけで、まだ実践に移していないのである。

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 

自己啓発本系では、名著中の名著と言われ、あまりにも有名すぎて敬遠していた本。
人材育成の方法に悩んでいた時に、リクルートで人材教育部門(外部講師的な)していた人に、とりあえず読んどけって言われて購入。さすが大ベストセラー本。実践しやすいやすんなりと頭に入る。これは皆人に勧めるわって思える内容。これは何度でも読み直したい。

 

実践版 30日で人を「育てる」技術

実践版 30日で人を「育てる」技術

 

ずっとフリーランスだったのだが、人を雇う段階になり、教える立場としての型を知りたくて購入。

めっさ丁寧にロジックを分解していて、いちいち納得できる本。悪いところといえば、装丁がダサいくらいで、非常に約に立つ実践的な本。

リクルートの人もおんなじこと言っていたんだけど、「今時の人」の価値観をまったく理解していなかった。今時の人というのは・・・「やりがいや目標は与えられるもの」「分からないことは教えてもらえる」「ミスも先輩がなんとかしてくれるし、自分がやらなくても誰かがフォロー」「下積みはかっこわるいからやりたくない」「会社はお金を稼ぐ所」「辛いことは避けたい」「興味あることをしたい」などなど。知り合いの経営者にいろいろ話を聞きに行ったのだが、大体ため息まじりに上記のことを言っていた。人を育て、マネージメントするのは難しい・・・。

 

定期的に橘玲の本って買いたくなる。主張している内容はどの本をかぶってくるので、全部を買う必要はないのだけどね。「金融資産」「人的資本」「社会資本」の3つの資本から幸福に生きるためにはどのような人生設計をすればよいのか・・・と、書いているとなんだか薄っぺらそうな内容に聞こえてくる感じなんだけど、幸福という概念的なものに物差しを用いて考えられることはなかなか良いと思う。

 

叛逆航路 (創元SF文庫)

叛逆航路 (創元SF文庫)

 

ようやく小説。元ミステリー研究会なのに、ここ半年で読んだ小説はこのSF一本のみ。
あまりにもぶっ飛んだSF(『皆勤の徒』とか)やハードSF系(イーガン・・・)は理解できない所からスタートするのが辛くてなかなか読み進めることが出来ないのだが、このSFはいい具合に古臭くて新しいので、わりとスラスラと読めた。続きを購入するかは迷い中。