2018年に読んだ本

まさか今年は2回しか投稿しなかったとは・・・。

そんなこんなで、2018年の読書は以下の通り。
小説10冊 その他7冊 合計17冊。

【小説】
『われらはレギオン1~3巻』 デニス・E・テイラー
『暗殺者の正義』マークグリーニー
『シンパサイザー(上)』ヴィエトタンウェン
モリーズゲーム』モリー・ブルーム
『コロロギ丘から木星トロヤへ』小川一水
『天冥の標 1~2巻』 小川一水
『自生の夢』 飛浩隆

【ノンフィクション・投資・ビジネス】
『バッタを倒しにアフリカへ』前野ウルド浩太郎
フリーランス、40歳の壁』竹熊健太郎
『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』ふろむだ
『サカナとヤクザ』鈴木智
『激安 空地投資』加藤ひろゆき
『首都圏 住みたくない街』逢坂まきよし
『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』cis

 

2017年まとめ

2016年まとめ

2015年のまとめ

2014年のまとめ

2013年のまとめ

2012年のまとめ